ナイチンゲールという人間の姿

この世界で最も有名な看護婦であるナイチンゲール。彼女の人生は、今を生きる人間にとっても非常にタメになると思います。彼女の献身的な介護の様子は、後世にも語り継がれ多くの人物が耳にしていることでしょう。
しかし、彼女の活躍はこのように多くの場面で語られているクリミア戦争時の看護活動に留まりません。彼女の活動はこうした実際に執り行う現場での活動よりも、データを活用したデスクワークの方が多いことはご存知でしょうか。彼女のことを考える際には、どうしても戦争に従軍したというイメージが付き纏いますが、従軍看護婦として活動した期間は、彼女の人生の中でそれほど長いものではありません。何故なら、彼女は若くして病気に倒れ、その後も病によって殆どをベットの上で過ごしていたからです。
彼女は、行動力よりも身につけた教養によって社会に変革をもたらした女性なのです。そんな彼女が周囲を納得させるために使用したのが、統計による客観的なデータなのです。クリミア戦争時の問題解決を始め様々なデータを収集し、こうしたデータは様々な場所で活用されています。その一方でナイチンゲールという人間は確かに、多くの作業を机の上で行っていましたが、彼女が理論を重視するだけの人間であったと言う訳ではありません。彼女は積極的に行動を行う人物でもあり、自身の意見を声高々に主張することが出来る人物でもあります。彼女の看護活動は思っている程順調な物ではなく様々な障害が有り、そうした困難にも関わらず彼女は素晴らしい功績を残し自身の意見を主張することが出来たからこそ、社会に大きな変化を起こすことが出来たのです。彼女のことについてはこちら【http://fnthought.com】でも紹介されていますので、読んでみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です