理想に囚われない働き方

看護師は、医療現場で患者のケアに関わる仕事をしています。その献身的な姿が、多くの人たちからの支持を集めています。
しかし、多くの人に献身的に世話をするというのは、実際にはとても大変なものです。そのため、看護師の仕事は大きな負担がかかることが多いようです。時には患者と衝突することもあったりして、人間関係に悩むこともあります。ナイチンゲールのように理想的な看護師を目指すことは、いいことだと思います。しかし、あまりに理想が高すぎると、看護の仕事を途中でドロップアウトするということにもなりかねません。何事も無理は禁物であり、できる範囲でやるべきことをするというのが大切なことだと思います。
ナイチンゲールのような献身的な看護師が存在しても、それはごく限られた人です。特に家庭と仕事を両立している女性看護師は、看護の仕事に加えて家庭の仕事もこなしていかなければなりません。こうした負担が長く続いてしまうと、本人の体にとっても良くないことです。仕事で出来る範囲を定めて、それ以上は周囲の協力を積極的に求めることが、一番の解決策だと思います。一人では対処することが難しい課題であったとしても、周りの協力があるとクリアできることもあることでしょう。ナイチンゲールもまた、一人で献身的な仕事をこなしたわけでなく、周囲の人々の理解や協力があったからこそ、偉大な功績を残すことができたに違いありません。無理はせず、看護の仕事をできるだけ長く続けた方が、医療への貢献の面からも大きな意味があると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です